参加都市参加メンバー

  1. 高岡市

    高岡市は、富山県の北西部に位置し、南北の交通軸には東海北陸自動車道と能越自動車道、東西には北陸新幹線が整備され、飛越能地域の玄関口として、県西部の中核的な役割を担っています。魅力的なしごとに挑戦できるまちを創ることを目標に、新事業展開・新分野進出を図る企業支援及び創業環境の整備に取り組むため、これまで進めてきた「挑戦」をキーワードとしたまちづくりを更にステップアップさせ、起業・創業支援を通じ、多くの挑戦の芽を育てていきます。

  2. 北九州市

    北九州市は、国から「スタートアップ・エコシステム推進拠点都市」に採択され、「環境・ロボット・DX」分野を中心とした、テック系スタートアップ・エコシステムの形成による「ものづくり起業地帯」の実現を目指しています。

  3. 熊本市

    熊本市は、将来の地域経済を牽引する企業の育成のため、成長が期待される市域内のスタートアップ等の事業成長を支援し、中長期的にスタートアップエコシステムの構築を目指しています。

  4. 別府市

    別府市は、豊富な温泉や豊かな自然に恵まれ、古くから多くの観光客を受け入れてきました。また、留学生や障がいを持つ方など多様な背景の人々が共生するまちです。「ひと」が最も重要で貴重なかけがえのない「財産」であるとの認識のもと、地域の宝である温泉・歴史・伝統・文化・産業を徹底的に磨き上げ、新しい価値を創造することにより、将来にわたり「市民の幸福」が持続可能なまちの実現を目指します。

  5. つくば市

    つくば市は、スタートアップが社会問題の解決、革新的な技術開発、新たな産業の創出等の可能性を秘めたものであり、人口減少とそれに伴う雇用・税収の減少という多くの自治体が抱える課題の解決につながるものと捉えます。スタートアップ支援を積極的に進め、これらの課題を解決する新たなつくばモデルを提示していくことで、「世界のあしたが見えるまち」の実現を目指します。

  6. 富谷市

    富谷市は、宮城県のほぼ中央部に位置し、自然と都市部が調和したまちです。1620年に仙台藩主伊達政宗公の命で奥州街道に開塾した宿場町「富谷宿」が発展の礎で、富谷村・富谷町を経て、2016年に単独での市制施行により「富谷市」となりました。豊かな自然を残しつつ、新興住宅地、商業施設、教育、子育て環境の充実に取組み、各種自治体評価ランキングで高い評価を得ています。「住みたくなるまち日本一」の実現に向け各種施策に取り組んでいます。

  7. 青森市

    青森市は、古くから港町・商いのまち・交通の要衝として栄え、近年では、広域観光のゲートウェイとしての役割が高まっています。「まちの活力は、常に新しいことへの挑戦から生まれる」との考えのもと、更なる市勢発展に向け、「挑戦を誇れる街」を目指しています。

  8. 千葉市

    千葉市では新しいビジネスや次世代をリードする新事業、新産業の創出のため、積極的に創業支援に取り組んでいます。

  9. 浜松市

    浜松市は、人口81万人を擁する政令指定都市です。「市民協働で築く『未来へかがやく創造都市・浜松』」を都市の将来像に掲げ、持続的に発展するまちづくりを目指しています。

  10. 福岡市

    福岡市は、国家戦略特区「グローバル創業・雇用創出特区」に指定されていることを生かし、 全国でも先進的なスタートアップ支援を行っています。創業のすそ野拡大・スケール化・ グローバル化を図り、グローバル創業都市・福岡の実現を目指します。

ページ上部へ戻る